ピーチではお酒は持ち込める?どんなお酒が売ってるの?

フライト中アルコールを楽しもうと考えている方も多いでしょう。その場合、機内で販売されているお酒を購入するのか、それとも自分で持ち込むのかを決められます。

では、ピーチ航空ではどんなお酒が提供されていて、またお酒は持ち込めるのでしょうか。

ピーチ航空ではお酒の持ち込みもOK

お酒の持ち込みに関しては基本的に問題ありませんが、国内線と国際線とで若干扱いが異なります。国内線では、アルコール飲料は機内持ち込み可、ただしアルコール度数が24%から70%のものは5リットルまでと制限されています。

それ以上の度数を持つお酒は持ち込むことができません。また、国際線では容器の大きさによって持ち込めるお酒に制限がかかります。100ml(g)を超える液体は全て不可とされているので注意しましょう。

また、お酒だけでなく手荷物の重さ制限も予めチェックしておきましょう。ピーチに持ち込めるのは身の回りのものと手荷物の二種類のみで、合計10kgまでとなっています。それ以上は追加料金を支払わなければなりません。

機内で楽しめるアルコール飲料とは

もしも搭乗前にアルコールを用意できなかったら、機内で販売されているアルコール飲料を楽しむこともできます。販売されているのは主にアサヒのアルコール飲料で、アサヒスーパードライやアサヒドライプレミアムなど、普段から慣れ親しんでいるお酒を購入できます。

価格帯は500円前後であることが多く、アサヒドライゼロやアサヒ贅沢絞りモモなどは400円で購入可能です。中でも注目するべきは、カタシモワイナリーのたこシャンでしょう。

これは大阪のスパークリングワインであり、爽やかな喉越しを楽しめます。味もピーチロゼと航空会社にかかったものになっており、ビール以外のお酒が飲みたくなったらこちらのお酒を楽しむことも出来るのです。

正しく持ち込んで空でお酒を楽しもう

格安航空会社なので何らかの制限がかかるのでは、と考えがちですが、重量制限さえ守っていれば基本的にお酒は持ち込めるのです。もちろん機内のアルコール飲料も揃っているので、ピーチでは問題なく空の上でお酒を楽しめます。

ピーチ(APJ)の航空券|予約・購入|国内線の格安飛行機チケット|ベスト格安航空券

関連記事:

格安航空券 買うタイミングTOP