格安航空券を使って賢く旅行しましょう!

格安航空券を使えば通常料金より安くで旅行に行くことが可能です。こちらのサイトでは格安航空券に関する情報を紹介しています。 - 小樽の観光地を語る上で欠かせない定番スポットの小樽運河

小樽の観光地を語る上で欠かせない定番スポットの小樽運河

小樽運河は今や北海道を代表する観光スポッとして外せないスポットとなっています。また札幌からも近い事から毎年多くの観光客が世界中から訪れます。

そんな小樽運河ですが、まさに小樽の発展の歴史と共に歩んできました。かつてニシン漁で栄えた小樽ですが、明治時代になると北海道開拓の玄関口として多くの開拓史が訪れ、北海道経済の中心地として発展しました。当時最も利用され輸送手段は大きな船で、当時の輸送方法として、その船を沖合いに停泊させ、艀(はしけ)と呼ばれる船を使って荷揚げを行っていました。

やがて取り扱う荷物の量が増えた事から運搬作業の効率化が必要となり、そんな中建設されたのが小樽運河です。そして大正12年に完成してからは、船が停泊出来る様になり、運搬もより効率化されました。やがて戦後近代化が進み、小樽にも大きな埠頭が完成、運河もその役目を逐えた事から、その後はひっそりと小樽の海沿いにその爪痕を残していました。

そんな小樽運河ですが、都市開発の一環として、埋め立て案が出されます。小樽の歴史と共に歩んだ小樽運河の埋め立てに、当時の住民は当然反対、何度も行われた話し合いも物別れに終わる日々が続きます。そんなこんなで月日は経ち、最終的には小樽運河は半分を埋め立て、その埋め立て地には新たに遊歩道等を建設、周囲に残された倉庫群についても有効活用しようと言う案で決着を見ました。

やがて運河は半分が埋め立てられ、かつて人気もあまりなかった運河には綺麗に整備された遊歩道が作られ小樽市民の憩いの場としてその姿を変えます。遊歩道が整備された小樽運河はその周りの素晴らしい景観もあり、次第に観光客が増え、現在では日本有数の観光地として発展した小樽を代表する観光地に様変わりしました。

最近では散歩に訪れる地元の人、運河見たさに来る観光客、そして小樽運河の風景画を書き続ける人等多くの人がいます。また冬になるとキャンドルライトが運河を幻想的に照らし違った運河の魅力も堪能する事が出来ます。

オススメ! 小樽運河のレトロスポット&スイーツを一気に巡れる、てくてく散歩コース

関連記事:

Copyright(C)2014 格安航空券を使って賢く旅行しましょう! All Rights Reserved.